絹女~KINUJO~の濡れた髪と乾いた髪の違い

傷みを抑えるなら濡れた髪に、スタイリング効果重視なら乾いた髪に
一般のヘアアイロンは
必ず乾いた髪に使用しなければなりません。
それは、濡れている髪に高温のヘアアイロンを当てると水蒸気爆発という現象を起こし、髪を内部から損傷させてしまうからです。
しかし、絹女~KINUJO~のシルクプレートは、水を蒸発させません。
※完全に蒸発させないのでは無く、蒸発させるスピードが遅い為、長時間高温にしたシルクプレート上に水をかけていればいずれは蒸発していきます。
その為、絹女~KINUJO~は濡れた髪にも使用が可能です。
ドライヤーで髪を乾かし、
少し湿気がある状態で使用すれば、
わずかに残っている水分が髪とヘアアイロンの間に緩衝材となり、髪の表面火傷を防ぐ事ができ、髪のダメージを抑える事ができます。

しかし、髪に水分が残っている状態というのは、スタイリング効果が落ちる為、スタイリングの効果や、持続度を重視される方は、完全に乾いた髪への使用をお勧めいたします。