間違ったヘアアイロンの使い方

ヘアアイロンが一般家庭に広く普及したのは、ごく最近の事です。
その為、ヘアアイロンの正しい利用方法が周知される前にヘアアイロンは一般家庭においてメジャーな美容家電となってしまいました。

KINUJOは、ヘアアイロンを正しく使ってもらう為に、ヘアアイロンで絶対に行ってはいけない事を3つお伝えしたいと思います。

①ヘアアイロンは髪を乾かす器具ではありません
ヘアアイロンは、高温が出ますが、あくまでも熱により、スタイリングを行う為の美容家電です。
ドライヤーとヘアアイロンを両方使うのが面倒だから、シャワー上がりにいきなりヘアアイロンを使うというのは間違っています。
髪が凄く濡れている状態というのは、キューティクルが開いていて、髪の内部が無防備な状態です。
その為、その時に高温のヘアアイロンを直接髪に当てるというのは、物凄く髪にダメージを与える結果となってしまいます。
また、髪に水分が多い状態は髪にクセが付きづらいです。
ですので、髪が非常に濡れている時はスタイリングにとっても無意味なんですね。
濡れた髪でも使える絹女〜KINUJO〜でも、その限界はあります。
絹女をご使用の際でも、まずはドライヤーである程度乾かして、少し湿気が残る程度の状態で使用して下さい。
②よりクセ付けを強くする為に長い時間髪に当てる
髪のスタイリング効果は、湿気に弱く、湿気の多い夏などは、一日を過ごしている内にセットが崩れていく事が良くあります。
それを長時間キープさせる為にヘアアイロンを長時間髪に当て続けるというのは、逆効果を生む恐れがあります。
髪は熱が直接当たる時間が長いと、表面のキューティクルが火傷して剥がれてきます。キューティクルは髪の”皮”のようなものなので、キューティクルが剥がれると、髪がボロボロになり、スタイリングは全く長持ちしなくなります。
また、髪に熱を当てすぎると、髪内部のタンパク質が固まってしまい、大きなダメージとなってしまいます。
髪の毛は死滅細胞ですので、キューティクルもタンパク質も、一度大きなダメージを受けると、二度と元には戻りませんので、気をつけて下さい。

ですので、ヘアアイロンは、低い温度で長く髪に当てるよりも、高い温度で短い時間当てた方が効果的です。
③トリートメント感覚で夜寝る前にヘアアイロンを使う
ヘアアイロンを使うと髪にツヤが良く出ます。
それは、熱により柔らかくなり、ストレートにしてもカールにしても髪の表面の細かなくせが真っ直ぐになる事によります。
そして前述の通り、”湿気”つまり濡れるとくせは戻ります。くせが戻るともちろん、ヘアアイロンで出たツヤも元通りになります。
その為、寝る前にヘアアイロンをしても、寝癖や翌朝のシャワーにより、全ての効果は無くなってしまうのです。
残るのは、髪のダメージだけで、毎日すれば、日々のダメージが蓄積されて、いつの間にか枝毛や髪が切れたりする原因となってしまいます。
ヘアアイロンは、髪質を良くするトリートメントでは無いので、オシャレをしたい時にだけ使用するようにして下さい。
これら3点に気をつければ、髪のダメージは最小限に抑えられ、日々のヘアアイロンライフがより一層楽しいものとなるでしょう。