高温ヘアアイロンと低温ヘアアイロン

ヘアアイロンで髪のスタイリングに必要な温度は、180~190℃と言われています。
これは、縮毛矯正で必要な温度で使われる事が多いです。つまり、強いクセを直す(またはクセを強くつける)のに必要な温度です。
ですので、一般的な髪質の人がスタイリングをするのであれば、150~170℃ぐらいで十分でしょう。
ヘアアイロンは、何度も髪に当てると、高温状態での摩擦により、髪に大きなダメージを与えてしまいます。
ですので、ヘアアイロンを髪に当てる回数はなるべく少なくする事をお勧めします。
また、回数が少なくとも髪に当ててる時間を長くすれば、髪の表面火傷を起こしたり、髪の細胞にダメージを与えたりします。

低温のヘアアイロンを使うと、
一度に髪に与えるダメージは少なくとも、
髪に当てる回数や時間が増える事でダメージは大きなものとなってしまいます。

ですので、プロフェッショナルの方は、
高温ヘアアイロンを髪に当てる回数や時間をなるべく少なくして利用する方が多いです。
しかし、高温状態のヘアアイロンは、低温状態に比べ、一度に髪に与えるダメージが大きいので、ヘアアイロンの使用に不慣れな方は、注意が必要です。
最初は、低めの温度設定から始めて、
だんだんと自分の髪質やスタイリング方法に最適な温度を見つけていただければと思います。