< img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=111014536248793&ev=PageView&noscript=1" />
3つの対策のポイント
  • なぜ乾燥するのか
  • 乾燥すると髪はどうなるのか
  • 乾燥しない為&改善する対策
(1)なぜ乾燥するのか
髪の毛が乾燥する理由には様々あります。特に冬場は大敵です。今回は乾燥の主な原因として主なものを5つ挙げさせていただきました。
  • 冷たく乾燥した外気orエアコンの空気
  • 髪を濡らした時のすすぎ不足、シャンプーの時の泡立て不足
  • シャワー後タオルで髪の毛、頭皮をゴシゴシ拭いてしまう
  • ドライヤーやコテ、アイロンの長時間の当てすぎ
  • 日常生活の栄養不足&血行不良
(2)乾燥すると髪の毛はどうなってしまうのか
髪の毛は、乾燥すると、髪の毛の表面の鎧の役割をしているキューティクルがめくれたり剥がれたりしてしまい、パサつき、内部の栄養分と水分が失われてしまいます!
冬の時期は、頭皮も血行や皮脂の分泌が悪くなるので乾燥しがちです。
外気も乾燥している為にパサついてしまうと髪同士が摩擦で擦れてしまい静電気が発生してより傷んでしまいます。
(3)乾燥しない為&改善する対策
1で取り上げた原因を個々に見ていきましょう。
(1)冷たく乾燥した外気orエアコンの空気

乾燥した外気や、エアコンの空気になるべく直接当たらないようにしたり、加湿器などがあれば室内の空気の湿度を調節してあげましょう。

(2)髪を濡らした時のすすぎ不足、シャンプーの時の泡立て不足

入浴前に優しくブラッシングしてあげるのと、髪を濡らす時の最初のすすぎをしっかりする事が大切です。そうすると、髪の毛が整うのと、髪に付着したゴミやホコリなどが落ちてくれて、1回のシャンプーでしっかり泡立ってくれます。
泡立てないと、髪の毛同士が、摩擦でダメージを受けてしまうので、しっかり泡立ててあげるのがポイントです。
頭皮は揉み洗いをしてあげる事で血行を良くして、髪の毛は泡で包み込むように洗ってあげてください。
コンディショナーやトリートメントは髪の毛の中間から毛先に向かってつけてあげましょう。

(3)シャワー後タオルで髪の毛、頭皮をゴシゴシ拭いてしまう

シャワー後、髪の毛の水分を取る時は、タオルで頭皮をマッサージするように、揉み込むように水気を取り、髪の毛はタオルでプレスして水分を取ってあげるのがポイントです。

(4)ドライヤーやコテ、アイロンの長時間の当てすぎ

髪の毛は長時間の熱が加わると、内部の水分が蒸発してしまい、乾燥につながります。
また自然乾燥もキューティクルがキレイに閉じずに髪同士が擦れてしまう為、ダメージにつながります。
乾かす時のポイントは、根元からしっかり乾かしてあげて髪の中間から毛先の順番で乾かしてあげます。仕上げに冷風を当ててあげると、キューティクルが引き締まり整ってくれます。
美容院でブローした時にサラツヤになるのは髪の内部に水分を閉じ込めてキューティクルがキレイに閉じてくれる為、サラツヤになります!
洗い流さないトリートメントのオイルやミルクなどを乾かす前後でつけてあげるとより良いケアになりますよ。

(5)日常生活の栄養不足&血行不良

日々、しっかりとケアをしていても、体内に摂取している栄養が不足してしまっていたら、髪の毛にも影響します。髪の主成分であるタンパク質やビタミン、ミネラルなどバランス良く栄養を取る事と、睡眠など日常生活で気を付けるのもポイントです。

この記事の監修:
清水広司
(表参道ALFALAN トップスタイリスト&ヘアメイクアップアーティスト)
ヘアアイロンの豆知識