絹女〜KINUJO〜が海外対応にしなかったわけ

海外に行かれた事のある方は良く知っていると思いますが、国によって電源のコンセントの形や、電圧が異なります。
例えば、日本の一般的な家庭の電圧は100Vですが、日本以外の国は200V以上の国がほとんどです。
日本の電圧規格のヘアアイロンやドライヤーを海外で使うと、よく壊れてしまいます。
最近は海外の電圧にも対応できるような設計のヘアアイロン、ドライヤーも数多くありますが、絹女〜KINUJO〜はあえてそれをしませんでした。
それは、絹女〜KINUJO〜が圧倒的な製品機能でありたかったからです。
複数種類の電圧に対応させる設計にするのは、どちらの電圧で使っても壊れない設計にするのですが、その反面、最大限のパフォーマンスを発揮する事ができません。
その為、絹女〜KINUJO〜では、色んな国でも壊れないけど、機能を諦めるのでは無く、一つの電圧に最適化させて、一瞬で温度が上がるパフォーマンスを発揮させたかったのです。
ですので、日本では安心して最高のパフォーマンスのヘアアイロン、絹女〜KINUJO〜をお使い下さい。