< img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=111014536248793&ev=PageView&noscript=1" />

毎日のヘアセットは大変で、思うようにまとまらない時もありますよね。

髪を扱いやすくする為には、ヘアケア対策はとても大切です。

 

髪は乾燥と熱に弱く、乾燥対策をしっかりと行わなければいけません。

髪が傷む原因に、

・カラー、ブリーチ、パーマをしている

・髪を濡れたまま放置する

・栄養不足

・ドライヤーやヘアアイロンの間違った使い方

などが考えられます。

 

■傷む前に、出来るだけヘアケア対策をしましょう。

カラー、ブリーチ、パーマは期間をおいてすること。

髪を濡れたまま放置しない事。ゴシゴシとするのではなく、丁寧にタオルドライしてから、ドライヤーをかけて乾かします。

ドライヤーも熱し過ぎないように、同じ場所に長く当てることは避け、ドライヤーを左右に動かしながら乾かすと良いです。

 

■トリートメントもこまめにしましょう。

冬は空気が乾燥し、ダメージを受けています。

春は抜け毛も増える時期なので、頭皮の乾燥にも気を付けましょう。

 

■夏は紫外線に要注意です。

紫外線はお肌へ影響があり、ヘアケア対策されている人も多いと思いますが、髪に与えるダメージもとても大きいです。

キューティクルが剥がれやすくなり、切れ毛が起こります。

帽子をかぶるなどの対策をして、紫外線から髪を守りましょう。

 

■ヘアアイロンをする時にも、注意が必要です。

1か所に連続で3秒以上熱を与えてはいけません。

髪は完全に乾かした状態で、低めの温度で短時間使用するようにしましょう。

※KINUJOのシルクプレートは少し湿気が残っている状態でも使用できますよ。

 

髪が長く、寝ている時の摩擦が気になる人は、一つに束ねて髪の毛が絡むのを防ぎましょう。

固く結ぶのではなく、柔らかいゴムを使ってくださいね。

 

ダメージを防ぐためには、とにかく乾燥を防ぐこと、髪に与えるダメージを減らすことです。

しっかりヘアケア対策をして、綺麗な髪を保ちましょう!

ヘアアイロンの豆知識